代表挨拶

『あなた、来年はもう生きてないよ』

私の人生はこの言葉を聞いた時から大きく動き始めました。

みなさん初めまして、株式会社2peace代表の大塚拓馬です。

あなたはさっきのようなセリフを言われたことはありますか?
しかも正真正銘の専門医からですよ?

私は、、、
泣きましたね笑

私は大学まで野球一本で人生を歩んできました。
(一応甲子園球児ですよ!笑)

大学時代の目標は『社長になること』。
お金持ちになりたいというよりも、社長ってかっこいいなという憧れでした。

そんな夢と希望に満ち溢れた社会人1年目。
どの業種でどんなことをやって起業しようかな〜と本当に毎日考えながら仕事してましたね。

突然のできごと…

そんなある日、急に頭が痛くなってきて、トイレに駆け込んで嘔吐。
これがなかなか治らなくて。

でも不思議と夜寝たら治るんです。バッチリ治るんです。

だから朝から頭が痛くなる時はしんどかったですね。夜寝るまでまだまだ時間があるから。笑

そんな日々を過ごしているうちに頭痛の頻度が増えてきて、痛みが少しずつ大きくなってきて。

「偏頭痛かなー、いやこれは大偏頭痛だなー」とか言いながら病院に行ったら
先生から「影があるねー、大きい病院紹介するねって。

気軽に行ったのに肩落として帰ったのを今でも覚えてます。

それで、後日大きい病院に行ったら見つかったんです。

脳腫瘍でした。

しかも脳の奥の方。
日本にはこの手術できる先生は限られてるみたいで。

紹介してもらったのが埼玉にある大きな病院の先生。
その時言われたのがあの有名なセリフ

『あなた、来年はもう生きてないよ』でした。

手術

すぐに手術の段取りを組んで、やりましたよ!手術!

手術室入って助手の方が、「今から全身麻酔入れるよー、5秒ぐらいで眠くなるからねー。」
2秒で寝ましたね。笑

目を覚ますと、これがすごい!この体験は死の手前まで行った人にしかわからないかもしれないですが、なんか、すごかったんです!
生きてることに本当に感謝したのってこの時が初めてだったかもしれないですね。

手が動く、足が動く、目が見える、匂いがわかる、耳が聞こえる、喋れる。こんなすごいことってないですよ!

だって、「この手術は成功しても高い確率で左半身麻痺するから車椅子生活も頭に入れておいてね」って言われてたんです。
それが全部ちゃんと動くなんて奇跡ですよ!

みなさん知ってますか?

貧・病・争を乗り越えた人は覚悟が違うって。貧は貧困、病は病気、争は争い。
これが大きければ大きいほど、それを乗り越えた時、人は生まれ変わるらしいんです。覚悟が生まれるんです。

私は一度死んだ。
これは二度目の人生だ!と割り切ることができたので、そこからは早かったですね。
今までそんなにしてこなかった勉強も毎日するようになったし、今の仕事に必要な資格も全部取ることができたし、何より私を応援してくれる人もたくさんできました。

そして今、大学時代からの目標だった社長としてお仕事をさせて頂いています。
こんな私についてきてくれる仲間もいます。

本当に私はついてるな〜!っていつも感謝しています。

・甲子園に出れたこと
・大学まで野球を続けられたこと
・死ぬ前に病気が見つかったこと
・後遺症なく手術が成功したこと
・目標だった社長としてお仕事ができていること
・そしてなにより元気に生きていること。

だから私はいつも言うんです。

『人生一回きり、大丈夫俺はついてる』ってね。
(一回死んだって言ったのに笑)

ついてる